お年寄り用シルバーカー(手押し車)の組み立て方

お年寄り用 シルバーカー(手押し車)の選び方

シルバーカーとは、基本的には誰かに歩行を助けてもらうことではないけれども、何かにつかまっていないと歩行が不安だという高齢者が使う手押し車のことを指します。

 

小型で軽々と持ち上げることができ軽量で、デザインや色もおしゃれなものがあり、買い物がしやすいように大きなカゴがつくなど様々な工夫がなされています。

 

主に高齢者が使うものですが、足が弱くなった高齢者にとって、シルバーカーは買い物に行ったり、生活をするうえで非常に便利なものであるといえます。

 

足が弱くなった高齢者が使うものの一つに杖が挙げられます。

 

しかし杖よりもシルバーカーの方が荷物を入れられるという点で非常に優れているといえます。

 

足腰が弱く歩行が不安だからといって全く外出をしなくなってしまうと、さらに歩行が難しいものになってしまいます。

 

しかし歩行器のような役割も果たしているため、多くの高齢者が歩くためのリハビリを行うことができるのです。

 

この手押し車を使うことで、弱った足腰を鍛える効果もあります。

 

高齢者にとって非常に使いやすい理由としては、荷物が多くても楽に運ぶことができるという点が挙げられます。

 

誰かが一緒に買い物をしてくれればそれに越したこともありませんが、もしも子供が結婚をしたりして家庭を持ってしまうと、そこまで頻繁に買い物を手伝ってもらうことができなくなるでしょう。

 

高齢者が一人で買い物を行うためには、手押し車を使うと非常に便利なのです。何も持たずに外出すれば、購入した荷物は手で持たなければなりません。

 

しかしこの場合重い物を無理して持つと、腰などにも大きな負担がかかる可能性もあります。このようなことから高齢者は無理をせずに、楽に使用できる手押し車を使った方がよいといえます。

 

手押し車があることにより、欲しい物を買い過ぎて荷物が多くなったとしても、安心して持ち帰ることができるでしょう。

 

さらに疲れた場合にはいすの代わりとして使用することもできます。

 

シルバーカーを使うことで楽に歩くことができたとしても、少し歩いただけでも、足や腰が痛くなり、疲労感を感じることも多いものです。

 

疲れて休みたいと思ってもすぐにベンチが見つかるとは限りません。そのような時に自分の使っていたものが椅子の代わりになればうれしいものです。このようなことからシルバーカーは高齢者にとって非常に便利で機能の高いものであることがわかります。

 

杖代わりとなり、荷物も運びやすくなり、ときにはベンチになり、一台で何役もこなす優れものであるといえます。

スポンサードリンク