お年寄り用シルバーカー(手押し車)の組み立て方

お年寄り用シルバーカー(手押し車)をプレゼント

お年寄り用のシルバーカー(手押し車)をプレゼント

人は誰でも高齢になると足腰が弱くなります。そのせいで歩くことが億劫になり家にこもることが多くなってしまいますが、歩かなければ足腰は弱くなる一方で、いずれは車いすになってしまうのです。

 

仮に自分の親が車いすでの生活を余儀なくされることになると生活が一変し、介護に重点を置くようになります。

 

これは自分にとっても両親にとっても不幸なことで、両親の立場からしても子どもに不便をかけたくないと考えているものなのです。

 

そうならないためには、頻繁に外出して足腰を鍛えることが大切です。

 

しかし、歩く際に杖をつくだけでは不安なことが少なくありません。

 

そこでおすすめなのがシルバーカーです。

 

いわゆる手押し車で、両手で押さえて体重をかけられるため足下が不安定になることがなくなり、車輪によって動くことで足への負担を軽減してくれます。

 

さらに、バッグが付いていて荷物を収納することも可能なことに加えて、折り畳めば電車やバスにも乗せられるため買い物をはじめとする様々な外出で利用できるのです。

 

両親の誕生日や結婚記念日などのお祝い事があるとき、プレゼントに何を贈るべきか迷ってしまいます。

 

年を取った父や母に欲しいものを聞いても具体的なものはなく、気持ちだけで十分だと言われるようになるのです。

 

そんなとき、高齢になった両親へのプレゼントにシルバーカーを贈ることがおすすめです。

 

父や母に限らず、高齢者は年老いたことを肯定するものは自分では買いづらいものです。

 

そのため、シルバーカーが便利だと言うことが分かっていても購入しません。しかし、子どもが買ってあげるという形でプレゼントをすれば好んで利用してくれるのです。

 

一般的には70歳を過ぎた頃から歩くことに関する機能が衰えてくるため、70歳の節目にプレゼントするのも良いでしょう。

 

シルバーカーは外で利用するものなので、ご近所との会話でも話題に上がりやすくなります。

 

そのとき、両親からすれば子どもに買ってもらったということで誇らしい気持ちにもなり、恥ずかしがらずに使い続けられます。

 

種類が豊富で、座って休めるタイプや歩道の段差をのぼる機能が付いているタイプ、楽に持ち運べる軽量タイプなどが揃っています。

 

買い物や散歩など、父や母の趣向を踏まえた用途に合わせて適したタイプを選んであげることでより利用頻度が高まり、外出してくれるようになります。

 

高齢の両親へ贈るプレゼントとして、シルバーカーは最適なのです。

スポンサードリンク