お年寄り用シルバーカー(手押し車)の種類

お年寄り用 シルバーカー(手押し車)の種類

お年寄り用のシルバーカー(手押し車)の種類

スーパーなどで高齢者が手押し車と一緒に来店する光景がよく見られますが、手押し車はシルバーカーとも呼ばれており、たくさんの製品が市販品として販売されています。

 

物をたくさん詰めて楽に移動できる機能を持っているのが優れていますが、身体を支える役割も果たしてくれることから、杖の代わりとして活用できるメリットがあります。

 

他に、取り付けられている座面に座ることで、どこでも休むことができるといった使い方にも対応できます。

 

市販されているシルバーカーには割と多くの種類が用意されていますので、目的に合わせて最適な製品を購入したいところです。

 

安全性に優れた製品を選ぶ場合、スピード調整機能付きのタイプがおすすめです。

 

車輪が動くスピードを自動的に調整する高機能タイプの製品で、坂道で押して歩く際に先に転げ落ちてしまうのを防いだり、手元から離れて本人が転倒してしまう危険から守れるようになります。

 

その他の製品でもブレーキがついているものが多くを占めていますので、一定の安全性が保たれています。

 

反射材が取り付けられている製品であれば、薄暗くなってくる夕方の時刻でも、自動車やバイクが確認しやすくなり、交通事故に巻き込まれるのを防いでくれます。

 

あまり持ち歩く荷物が多くない場合は、コンパクトな製品だと使い勝手が良くなります。

 

小さくまとまっており、余計なものが付いていませんので重量が軽く、力が弱い高齢者でも持ち運びが楽にできます。

 

普段の買い物でたくさん食料品や日用品を購入するなら、ミドルタイプのシルバーカーが便利です。

 

歩いて食料品の買い出しに向かう人にとっては使い勝手がよく、見た目の割には多くの荷物を詰めることが可能です。

 

もっと多くの荷物を入れたいなら、アルミカータイプが良いでしょう。シルバーカーの多くの面積をアルミのカゴが占めており、縦にやや長いものでも収納して移動することができます。

 

安定性が抜群で座面にゆっくりと腰掛け、くつろげるタイプが欲しいなら、ボックスタイプを選びます。

 

車輪が大きくて背もたれの面積が広く、肘掛けがついていることから、座り心地が良いのが特徴です。

 

段差に強い製品が存在します。

 

前輪部分にもう一つ、別の小さな車輪がついているもので、段差の部分を車輪で挟み込むようにして越えることができます。

 

スーパーの買い物かごを座面の上に設置できる製品であれば、スーパーの備え付けのカートを使う必要がなく、使い慣れたシルバーカーで買い物を楽しむことが可能です。

スポンサードリンク